30代男性 中等度歯周病の症例

中等度歯周病(妻に指摘されて気付いた)を改善した症例

Before

中等度歯周病の画像

After

中等度歯周病の画像

基本情報 37歳 男性
主訴 ご結婚したてで、奥様より歯周病を指摘された。自覚症状なし。歯科の受診は高校生以来。

術前

中等度歯周病の画像

中等度歯周病の画像

上顎は一見分かりにくいが多量の歯肉縁下歯石、下顎は歯肉縁上歯石、縁下歯石が沈着。歯肉の炎症が強く、触るとすぐに出血する。

自身はブラッシング時に時々出血はするものの、特に痛みもなく、自覚症状はない。細菌検査では基準値の10倍近い細菌数を検出。

術中

中等度歯周病の術中

乳酸菌、HCLO、塗布薬等を用いてセルフケアを強化。抗生物質を服用後、ペリオトリートメントで歯石を除去。 歯肉縁下の歯石量が多く術中は出血を伴ったが、セルフケアで歯肉炎が改善してきたこともあり、痛みはほとんどなく施術できた。

歯石量が多く、トリートメントは2回に分けて行なった。

中等度歯周病の術中

顎前歯部の除去した歯石の一部。 白っぽい部分は口腔内で目視できる歯肉縁上歯石、黒っぽい部分は歯肉内部の根面に沈着した歯肉縁下歯石です。

術後

中等度歯周病 術後写真

中等度歯周病 術後写真

ペリオトリートメント3週間後。歯肉の炎症が引き、歯肉全体が引き締まった。腫れが引いた分やや歯肉が退縮したが、知覚過敏はない。 細菌検査も基準値内に改善、歯周ポケットもほぼ3㎜以下になった。

歯周病はパートナー間での感染リスクが非常に高く、妊娠、出産にも悪影響を及ぼすため、しっかり治療できたことを喜んでいた。 奥様も予約され、検査を行う予定。

治療におけるリスク

抗生物質を使用するため、下痢、腹痛、発疹などの副反応が出る場合もある。

歯肉の腫れが引くと引き締まり、歯肉が下がったように感じる、また知覚過敏を起こす場合がある。

歯石を除去した直後は、今まで歯石に覆われていた部分が露出し、一時的に知覚過敏を起こす場合がある。

治療に要した費用

総額 125,000円(税抜)
内訳 ・初回検査:¥35,000 ・処方:¥25,000 ・トリートメント:¥20,000×2回 ・再検査:¥25,000(全て税抜)

歯周病関連のページ一覧

歯周病に対する知識を深める

歯周病治療に関して詳しく知る